色々な接客術

接客術

色々な接客術

美容師にとって接客はお客様とのコミュニケーション及び、リピーターやファンの獲得ににもつながる重要なスキルです。
しかし、接客と一言で言っても様々な作法や技術があります。

今回の記事では、そんな接客術について紹介しようと思います。

接客の種類

それでは早速、接客の種類について、ご紹介しようと思います。
接客、コミュニケーションにおいて、主に二つの方法があります。

●ページング

ページングは、お客様との共通点を見つけたり、親近感を意図的に作り出すテクニックです。
ポイントはお客様と同じようなテンションを保つことです。
また、お客様がどのようなタイプの人であるか見抜くことも重要です。
人を見る目に長けている方、また他人との会話が楽しいと思える方に向いている方法だと思います。

●ミラーリング

ミラーリングは、お客様の仕草や言葉をマネしたりするテクニックです。
お客様と同じような動きをする事で、ページングと同様、親近感を与えることができます。
しかし、あまりマネをし過ぎると逆効果になってしまうため注意が必要です。
ポイントは適度に自然にマネをすることです。
どちらかと言えば聞き手な方や、かなりお喋りやお客様を相手にする時に有効だと思います。

お客様に合わせるか自分に合わせるか

お客様との接客において、よくお客様に合わせた接客をすることが重要と言われることが多いと思います。
お客様のタイプに沿って、接客方法を変えていく、そうする事でより多くお客様に好感を持ってもらう事ができ、リピーター等を増やすことにつなげる事もできます。

しかし、お客様のタイプによっては自分にとって難易度の高い接客方法を強いられることもあると思います。
また、お客様のタイプ自体が苦手で上手く接客できないという場面もあるでしょう。

以前の記事でも紹介しましたが、お客様を自分自身のファンにするためには自身のキャラクターをアピールすることが重要と伝えました。

自分にとって無理な接客を続けてしまっては、折角の美容師として活躍しても余計に疲れてしまうのではないとか思います。
それよりも、自分に合った接客術でお客様とコミュニケーションが取れれば、さらに美容師としての活動がより良いものになっていくのではないかと思いました。

もちろん、自分の接客術を無理にお客様に押し付けてしますのは注意しましょう。

まとめ

世の中には様々な接客技術があり、それは突き詰めれば人によって形が変わっていくものだと思います。

自分に合った接客方法はどんなものか、それぞれのお客様に合った接客をするにはどうしたらよいか。
そのためにも、(このブログでは何度も言っていますが)自分自身そして相手の知ることから始めてみましょう。

 

※参考資料
お客様のタイプ別!接客や言い回しのテクニックをマスターしよう


hairlogyはYoutubeチャンネルにて美容師との対談動画を上げています。
リンクはこちら↓

【接客】継続的な関係性をつくる接客術! YUKIWORK・オーナー 大堀悠紀【対談】


hairlogyはスタイリストのブランドをつくり、ファンづくりを応援するプログラムです。


➡ https://hairlogy.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です