経営者目線を持って働く

経営者目線を持って働く
経営者目線を持って働く

経営者目線を持って働く

今回は「経営者目線を持って働く」ということについて調べてみたいと思います。

経営者目線

「経営者目線をもって働く」ということを見聞きした方もいるかもしれません。会社全体のことを考えることとなります。

独立

将来店を持つのを目標としているなら、メリットが大きいと思われます。法律や社会全体の流れの知識や人間関係のことをより意識的に身に付けられると思われます。

まとめ

今回は「経営者目線を持って働く」ことについて調べてみました。新たな目線を持つことにより新たな気付きや発想が生まれることにより、新しい楽しみを感じられることを考えられます。そして大きな経験になると思いました。

 

参考資料
「経営者の視点で考える」とは、こういうことだった!仕事ができる人が持つ゛ある視点“とは?
「経営者目線で考えろ」と言われたら……「現場の目標→企業の目標」の流れを図解 

 

※関連記事
経営者としてのありかた
美容師の年齢について



hairlogyはYoutubeチャンネルにて接客についての対談動画を上げています。
リンクはこちら↓

【接客】お客様のニーズを傾聴する DOLCE 藤森 理恵子【対談】

 


hairlogyはスタイリストのブランドをつくり、ファンづくりを応援するプログラムです。


https://hairlogy.jp