得意分野を見つける

得意分野を見つける

得意分野を見つける

自分自身を売り込む。
美容師として活躍する中で、リピーター獲得やファンづくりのために実施する方は多いことでしょう。

自分自身を売り込むとは、自身の強みを活かし、自身の価値を高めることから始まると思います。
(=セルフブランディング)

自身の強みとは、自分自身の得意な事とも言い換えることができます。
しかし、自身の得意分野に気付いていない方は意外と多いのではないでしょうか。

自身の得意分野が分からなければ、自身を売り込むことも、アピールすることもできません。

そこで今回は、自分自身の得意分野を見つける方法について、紹介していこうと思います。

得意分野の見つけ方

得意分野を見つけるために、効果的な方法を4つ紹介したいと思います。

●周りの人に聞いてみる

家族や友人・仲間のスタッフなど、自分の身の回りにいる人達から直接聞いてみます。
客観的な視点から教えてもらえるため、自分では気付けなかった強みに気付くことができます。
特に長い間、一緒にいた人から聞くと、より明確な返答を得ることができます。

●過去に褒められたことを思い出す

人から褒められるという事は、その考えや行動が周りよりも秀でていると捉えることができます。
過去に褒められたことを洗い出していくと、自分の得意な事が見つかるヒントになることでしょう。

●楽しかったこと・熱中したことを思い出す

楽しくできる・熱中できるとは、それだけで自身の強みにつながります。

例えば、「人と何時間もコミュニケーションを取る」という行動があった場合、
会話が苦手な人からすれば難しいですが、人とのコミュニケーションを楽しいと思えれば、案外できることだと思います。

また、楽しいと感じることは他のことに比べて簡単に成長できるメリットもあります。
今までの経験から、自分が楽しいと感じた瞬間と色々な場面から思い返してみましょう。

●苦手な事・短所を洗い出す

自身の苦手な事を洗い出すことで、得意な事を見つけることができます。
得意な事と苦手な事(長所と短所)は表裏一体です。

例えば、「すぐに行動できない」という短所があれば、「慎重に行動できる」という長所につながり、「うるさく騒がしい」であれば「元気で明るい」と、苦手な事は得意を見つけるヒントになります。

また、短所と思われる部分でも、場合によっては長所に変わることもあります。
得意分野を見つけるために、自分の苦手分野を洗い出してみましょう。

まとめ

今回の記事では、自分自身の得意な事を見つけること紹介しました。

自分には得意な事なんて無いと、中には思っている方もいるかもしれませんが、
得意な事が無い人間はいません。
ですが、自分の得意分野を自覚することは難しいことでしょう。

そのために、今回の内容のように周りに聞いてみたり、過去を振り返ってみたりして、
自分の得意分野を見つけていきましょう。

また、自分の得意分野を見つけることは人生を豊かにする事にもつながります。

自分の得意な事・強みを見つけ、自分自身のブランド力を高められるようにしていきましょう。

 

※参考資料
得意なことの見つけ方。自分の強みになる”得意の具体例”も紹介!
得意なことがない人の悩みが一瞬で解決する!強みの見つけ方4つ紹介

※関連記事
自分のこだわりを見つける
自分の魅力を伝える
強みを見つける


hairlogyはYoutubeチャンネルにて接客についての対談動画を上げています。
リンクはこちら↓

【接客】あなたに切ってほしいと思わせるための接客 Hair Resort Mangosteen オーナースタイリスト 高木達也【対談】

 


hairlogyはスタイリストのブランドをつくり、ファンづくりを応援するプログラムです。


➡ https://hairlogy.jp

Posted by suzuki