技を盗む

技を盗む

技を盗む

技術は美容師として重要なものの一つになります。新人教育の中で教わると思われますが、技術は一朝一夕で身につかないと思われます。そこで重要になるのは先輩の「技を盗む」ということになります。技を盗むということを調べてみたいと思います。

一つを選ぶ

美容師の技術は様々なものがあり、すべてを一度に身につけることは難しいと思われます。また先輩美容師も得意なものは違っていると思います。最初はどの技術を身につけたいか選ぶことが必要になると思われます。

受動的か能動的か

学ぶときに心持ちの違いでとして「受動的な学び」か「能動的な学び」に分けられると思います。そしてそれが大きな差となってしまうと思われます。

試行錯誤が必要

盗むということは、たくさんの工夫と試行錯誤が必要になると思われます。そして「何のために」という目的がはっきりしていないと挫折するかもしれません。

まとめ

今回は「技を盗む」ということを調べてみました。すごいと思われる技術をもった先輩も最初は新人であることを考えると、目的を持って諦めないことが重要であろうと思いました。

参考資料
技を学ぶことと、技を盗むことの大きな違い
技は教わるものではない。盗むもの
研修だけに頼らず先輩の技を盗め! 一流の社会人として活躍するために必要なこと

※関連記事
自分の"ウリ"を見つける
得意分野を見つける
強みを見つける



hairlogyはYoutubeチャンネルにて接客についての対談動画を上げています。
リンクはこちら↓

【教育】観察し考え理解する SORANIWA オーナー 泉山勇人【対談】


hairlogyはスタイリストのブランドをつくり、ファンづくりを応援するプログラムです。


https://hairlogy.jp

Posted by tokunaga