【続】お客様の興味を引く

お客様の興味を引く2

【続】お客様の興味を引く

前回、リピーターを増やす方法として「ツァイガルニク効果」を紹介しました。

今回の記事も、心理的な観点からリピーターを増やす方法として「ディドロ効果」を紹介していこうと思います!

(前回の記事はコチラ→ お客様の興味を引く 

ディドロ効果とは

ディドロ効果とは、「自身に理想の価値が与えられた時、その理想の価値に合わせて周りの環境も統一しよう」とする行動心理です。

例えば、新品の服を買った時に合わせて靴やアクセサリーも新しいものに買い替えたり、本やゲームを1つ買った時に同じシリーズのものを全て買い揃えたくなったりすることです。

ディドロ効果が起こる理由として、人間には「一貫性の原理」というものがあり、自らの行動や発言・態度などを一貫したものしたいという心理があります。
そうした行為が一種の自己表現になると考えられているそうです。

ディドロ効果を活用したマーケティング

ディドロ効果を活用する場合、例えばお客様にシャンプーやトリートメントなど美容商品を売る時に使えます。

何かの美容商品につけ加えて他の美容グッズや美容関連の広告・チラシなどの付加価値を与えることで、お客様の購入意欲をかき立てることができます。

さらに、お店全体の世界観を統一することも効果的です。

そのサロンや美容室に独特の世界観があることで、お客様から「このお店だけで自分を綺麗にしたい!」という思いが湧いてくるでしょう。

お客様を自分達の世界に引き入れるために、まずは価格を下げたり、初回限定サービスをするなど、最初のキッカケを与えましょう。
うまく行けば、新規顧客がリピーターに変わることが期待できます。

まとめ

ディドロ効果とは、自身の理想の価値に合わせて周りの環境を統一しようとする心理です。

サービスを提供する際、単発ではなくシリーズ構成にしてみたり、商品を売る際にセット販売をしたみたり、
お客様に統一させたい心理を与えることで、リピーターにつながることを期待できるでしょう。

また、お店の世界観を統一することも効果的であると紹介しました。

今回紹介したディドロ効果は前回の紹介したツァイガルニク効果と非常に相性が良いといわれています。

次回の記事ではディドロ効果ツァイガルニク効果を合わせたリピーターの獲得方法をご紹介します。

 

※参考資料
リピーターを生み出す鍵は消費者心理を掴むこと!?ディドロ効果とは
「ディドロ効果」をマーケティングに活かす方法を徹底解説


hairlogyはYoutubeチャンネルにて美容師との対談動画を上げています。
リンクはこちら↓

【対談】フリーランス・菅井悠人 美容師としての想い


hairlogyはスタイリストのブランドをつくり、ファンづくりを応援するプログラムです。


➡ https://hairlogy.jp

Posted by suzuki