ユーモアを磨く

ユーモアを磨く

ユーモアを磨く

うまくお客様とコミュニケーションが取れなかったり、施術に集中しすぎて接客が疎かになったり、どうしても心が落ち着かないなど日々の中であると思います。

そんな時、ユーモアがあると物事を良い方向に導くことができます。

今回の記事ではユーモアセンスを磨く方法について紹介しようと思います。

ユーモアとは

ユーモアとは、人の心を和ませるおかしみの事であり、上品かつ人を笑顔にするしゃれやジョークの事、日本語では「諧謔(かいぎゃく)」とも呼ばれています。

ユーモアは、例えば人間同士のコミュニケーションや友好関係を良くするために用いられたり、映画や小説・漫画などにおいて読者を飽きさせないよう、作品の雰囲気を和ませる事にも活用されています。

また、ユーモアは特に豊かな知識や柔軟さをもった人が、上品でセンスあるユーモアを発揮できると言われています。

ユーモアを磨くためには

●1つの常識に囚われない

ユーモアを発揮するためには固定概念を無くす必要があります。
自分と違う常識や価値観に触れても、否定せず受け入れる度量がユーモアには必要です。
色々な人と触れ合ったり、1つの問題を様々な角度から見る事で1つの常識に囚われない自分を作りだせるでしょう。

●知識や経験を積む

ユーモアは豊富な知識な経験によってそのセンスが磨かれます。
普段の日常生活から様々な学びを得る事でよりセンスあるユーモアを磨く事ができます。
また、ユーモアには相手への気遣いや空気を読む事も大切であり、人や場に合ったコミュニケーションを取れる技術を見つける事も大切です。

●色々な”良い”を見つける

ユーモアのある人は、些細な事にも楽しさを見つける事ができます。
色々なものを観察して、色々な”良い”に気付く事でユーモアが磨かれます。
また、観察したものに何故と疑問を持ったり、ノートなどに記録を付けたりするとさらにユーモアセンスを磨く事ができます。

まとめ

ユーモアを磨く事で、人間関係を良好にしたり、場の雰囲気を和ませたり、お客様への接客をさらに良いものにする事ができます。

ユーモアは、上品かつ人を和ませる事ができるものであり、日々の生活で磨く事ができます。

お客様に笑顔を提供できるような接客のため、ユーモアを磨いてみてはいかがでしょうか。

 

※参考資料
ユーモア – Wikipedia
ユーモアがあるってどんな人?「豊かな感情」の育て方と話し方LESSON
ユーモアセンスは必須のスキル!交友関係構築の鍵

※関連記事
創造力を磨く
質問力を磨く
観察力を鍛える


hairlogyはYoutubeチャンネルにて接客についての対談動画を上げています。
リンクはこちら↓

【働き方】全従業員が仕事に満足し、豊かになる企業になる CLOVER 小林広明【対談】


hairlogyはスタイリストのブランドをつくり、ファンづくりを応援するプログラムです。


➡ https://hairlogy.jp

Posted by suzuki